スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が在特会を支持しない理由(第三部)

out_zaitoku.gif

第二部へ

■□ 3.史学団体、右翼団体への失望 □■

彼が産まれた時期は、オクタウィアヌスが皇帝としての地位を磐石にしつつあった頃だと云われています。
紀元零年とも、紀元前4年とも。
産まれた場所は、パレスチナのベツレヘム。季節は冬の12月。
パレスチナの12月は、日本とほぼ同じ気候だといいます。ならば、彼が産まれ出でて直ぐに飼い葉の桶に寝かされたのは、寒気から守る為の母の知恵だったのでしょう。

ロバに寄り添われた幼子が、飼い葉の桶で寝息を立ててから2010余年目。彼の生誕を祝う祭典を4日前に控えた12月21日。
オーストラリアのブリスベンの法廷で、一人の老人が、有罪宣告を受けました。

年老いた被告の名は、アーサー・レックス・クレーン。元・オーストラリア連邦戦争捕虜協会会長。
南半球のあちら側では、12月は夏に当たります。ならば、被告台で老人が震えても、それは2000年前に幼子を襲った12月の寒気の為ではなく、心底から湧き上がる絶望の念の為でしょう。
被告台で槌音を聞く前に、既に彼は社会的地位も信用も失っていました。親しい友人からは交際を断たれ、同情と信頼を寄せてくれていた家族からは縁を切られ、震える彼の手には、もはや一物もありませんでした。

被告の罪状は、従軍年金の不正受給。
オーストラリア連邦戦争捕虜協会会長を勤めていた彼が、従軍年金を受けていた事が不正とみなされたのは、実は日本軍の捕虜になった経験などなく、軍歴すら無かった為です・・・・。

長年、人々をあざむき続けた彼の正体を暴いたのは、戦史家リネット・シルバー女史でした。
彼女には、クレーンの名前が載っていない収容所の捕虜名簿、クレーンが入隊したという1941年度は実は就学中であった事を示す学校の成績表、そして、クレーンの兄の証言という完璧な証拠がありました。
動かぬ証拠を突きつけられ、詰問され、遂に偽捕虜である事を告白せざるえなかったクレーンは、その告白と共に、全ての地位と、戦友だと信じてくれていた友人も、そして家族をも失ってしまったのです。
代わりに彼に与えられたのは、4年の実刑判決と不正受給に当たる従軍年金$464,409の返還命令でした。

ウソを吐くとは、そういう事です。

人はウソを吐いて何かを得ても、それが露呈してしまった時、多くの物を失ってしまいます。
そのウソが大きく、そのウソが悪質であればあるほど、失うものも大きくなり、同時に蔑視という一生涯ぬぐえぬ報いを受ける事になります。

軍歴を偽ったクレーンと同じく、来歴を偽ってきた在日コリアたち。
彼らのウソが暴かれたのは、1959年(昭和34年7月11日:昭和35年2月外務省発表集第10号に記載された調査結果より)です。
ならば在日コリアも、クレーン同様、全てを失ってしまったのでしょうか?
1959年から54年余りの間、在日コリアたちは、本国からは「朝鮮人の恥さらし」と批判され、他の在日外国人からは「ウソで特別永住権を盗った連中」と白眼視され、日本人からは「日本を騙した卑怯者」と責められ続けてきたのでしょうか?
偽りの強制連行を公然と口にし、1時間半50万円という法外な講演料をむさぼりながら、日本各地で講演会を開いてきた人権運動家・辛淑玉は、悪質な詐欺師として、今は刑務所で服役しているのでしょうか?
日本を侮辱してきた在日コリアの著名人たちは、今はひっそりと息を潜めて無様に生きているのでしょうか?

答えは否です。
来歴捏造が暴かれたのは60年代。しかし、私が小学校で、強制連行説を信じ込まされたのは80年代後半です。
2013年の今もなお、在日コリアは来歴捏造を止めておらず、それを根拠に権利と優遇を主張しています。逆に、日本人の方が「強制連行した」「迫害してきた」と責められ続け、国際人権委員会からも度々批判され、肩身の狭い思いをして生きています。

これは、一体、どうした事なのでしょうか!?

なぜ、こんな事が起こりえているのか?
その理由を知りたくば、前述のクレーンの事件に“もしも”を付けて、次のように考えれば良いのです。

もしも、戦史家リネット・シルバー女史が、ただクレーンの悪口を書いたプラカードを掲げて街角を歩くだけで済ませていたら?
もしも、戦史家リネット・シルバー女史が、断罪できる証拠も戦史家としての地位も活用せず、クレーンを詐欺師として訴える事無く、それ所か詰問すらしていなかったら?

おそらくクレーンは、今もなお、オーストラリア連邦戦争捕虜協会会長として、偽捕虜体験を語り続ける事ができたでしょう。
この“クレーン”を“在日コリア”に置き換え、“もしも”を付けたシルバー女史を日本の史学団体や右翼団体に置き換えたものこそが、今の日本の有様なのです。
1959年以来、来歴捏造を民団や総連に公式に抗議した史学団体及び右翼団体、零。
1959年以来、偽来歴を喧伝する人権団体を提訴した回数、零回。

隣国と在日コリアの歴史捏造の多くは、既に60年代70年代に暴露されているにも関わらず、なぜ、40年経っても50年経っても歴史問題は解決しないのか?
どんな愚か者にも、容易に理解できる事でしょう。



話を前回の続きに戻しましょう。
2000年頃、洗脳から解放された私は、少しでも多くの人に訴えようと、ネットに足を踏み出しました。
当時のネットは左派が主流でしたが、右派系のサイトに行けば、私と同じように洗脳から解き放たれ、私たちを騙し続けた在日コリアを憎悪するユーザに度々出会う事ができました。
しかし、それ以上に主流を占めていたのは、“ゴーマニスト”でした。
1998年に刊行された小林よしのりの漫画『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』
sensoron

中国の歴史捏造と従軍慰安婦の真相を始めて世間に広めた暴露本であり、『大戦中の日本軍=悪』という構図を叩き壊した最初の作品。
これに影響され、ゴーマニストを名乗る若者が勢力を拡大し始めていました。
このゴーマニストの中から、かの有名な“ぢぢ様”の投稿を通して日韓、在日問題に関心を持つ者が現れ、ついで、ほぼ同時期に話題となった韓国の日本文化窃盗問題を契機に嫌韓派が誕生し、
2002年の日韓W杯情報操作問題2003年の玄界灘衝突事故を切っ掛けに、2chでは嫌韓が主流となり、“ネット右翼”の誕生へと繋がる訳ですが・・・・まあ、この件は別の機会に語りましょう。


ネットをさ迷った私は、各政治・史学団体に交信を試み、疑問を投げかけました。
なぜ、隣国の歴史捏造に抗議しないのか?
なぜ、在日の来歴捏造を放置しているのか?
間もなく、私は意外な事実を知らされました。
それは、1968年の国際勝共連合設立以来、日本の右翼団体と在日韓国人は反共戦線を組んできた間柄であり、右翼団体には多数の在日コリアが参加しているという事です。
右翼団体が在日コリアに手を出さない理由は、まさにそれだったのです。
ならば史学団体はどうか?
大多数の史学団体は、歴史問題を解決する意志など端から持っていませんでした。
彼らの主目的は、歴史問題を題材にした書籍の販売であり、彼らの活動はビジネスといった方が正確でした。
特に“新しい教科書を作る会”の、歴史捏造に抗議するのではなく、歴史捏造を除外した新しい教科書を作成するという活動には、私は眉根をしかめました。
例えるならば、牧場に入ってきた狼(歴史捏造)を退治するのではなく、羊たち(学童)が逃げ込める小さな囲い(教科書)を用意するようなもの。
根本的な解決には繋がらず(事実、1996年に結成されて以来、歴史問題は何も解決しておりません)、囲いを設けた者に著作料という利益を与えるだけではないかと。

ある自由史観研究会の方は、私に公然といったものです。
「抗議とかそういうのは、私たちの仕事じゃない」
歴史問題に対して史学団体が抗議せず、誰が抗議するというのか?
伝染病から人々を守れるのは、ちゃんとした薬を入手でき、学会で発表しえる地位を持ち、誰もが納得しえる権威を持った医師です。
同じく、歴史問題から人々を救えるのは、ちゃんとした資料を用意でき、歴史問題を論じえる正当な資格を持った史学者です。
その辺のオッサンが、市販本(三次資料)を片手に個人で抗議して、誰が相手にしてくれるというのか?

ネットに足を踏み入れた私が得た感情は、“心底からの失望感”でした。


既に、歴史捏造という狼を撃てる銃弾は揃っている。特に来歴捏造に対しては、1959年製造の弾丸が眠ったままになっている。
だが、それを入手できる立場にあり、撃てる資格を持ち、討伐戦を行える組織力を持った団体は、一つとして、その銃弾をライフルに込めて引き金を引こうとはしない。

ならば・・・ならばせめて、私個人で何か役に立てる事を・・・・。
当時の私は既に反2活動の渦中にあり、2chの追跡から身を隠している最中であり、憂国活動に介入できるような状況ではありませんでした。
しかし、それでも何か出来る事をと考えて始めたのが、第三者にも分かりやすい資料サイトの開局、慰安婦問題のまとめと英訳版の作成、プロパガンダ写真の検証活動です。
(それすらも、苦しい実生活に追われる内にままならなくなり、当初の目的ははたせず、今ではネットに繋ぐ余裕すらない日々が続いています)


私は、右翼、史学団体に失望し、己の無力さに絶望してまいりました。しかし、たった一つだけ希望が残されていました。
その希望は、2007年に結成された団体へと向けられていました。

その団体は、紙面の上でしか戦わない史学団体ではありませんでした。
在日コリアを受け入れる従来の反共右翼ではありませんでした。

在日特権にを許さない市民の会・・・・・・在特会。

初めて、在日コリアと戦う事を標榜した団体が出現したのです。
どれほど驚喜した事でしょうか?どれほど期待した事でしょうか?

やっと、放置された弾丸を拾い、弾倉に装填する組織が現れた!

私の脳裏には、二つの在特会の光景が浮かんだものです。
報道陣が見守る中、証拠資料を突きつけ、テーブルを挟んで民団や総連の代表者らに来歴捏造の撤回と謝罪を訴える姿。
街頭ではなく、法廷を舞台に、私たちを騙し続けてきた人権運動家たちを糾弾する姿。

しかし、これが私の大きな思い違いである事に気付くのに、それほど時間は掛かりませんでした。


続く





コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> 砦の番人様
>
> はじめまして。○○○○と申します。
>
> 桑木野氏のサイトの掲示板における貴殿名義の書き込みですが、


それには及びません。
私を騙っていたのは、有慶館氏と宇宙えびと、この間、飛ばし携帯の違法販売でまたまた逮捕された野上と、桑木野の四者です。
有慶館氏が私の事を騙っていた事実は、ご本人自身が認めており、既に和解しております。

○○衣様へ

月日の流れというものは、一日の濃度によって、深く緩やかにもなれば、浅く速くもなるものです。

仕事では、日々納期と戦いながら現場の人間に指示を行い、朝・昼・夕と得意先や外注先と折衝を行い、
家庭では、個々の親族の問題に追われつつ、時おり親類縁者とテーブルを合わせ、
村では、農協や村役やお寺さんと関わり、
プライベートでは、旧友と出かけたり、若い新人を連れ出してやったり
・・・・・と。
一日の間に色んな事をやっていれば、一日は非常に長く、数年前の出来事ははるか昔の事のように思えるものです。

逆に、引きこもりに近い生活を行い、他人と交信する機会も少ない生活を送っている人は、一日どころか数か月の時間が希薄な為、月日は非常に短く感じられ、何年も前の出来事がつい最近の事のように思え、いつまで経っても気にかかるものです。


○○衣さん、一体、何年経っていると思われているんですか?
今頃になって、そんな何年も前の話を熱心に話題にし、最近の出来事のように語られる所を見ると、あなた様は、この数年間、一日の大部分をPCの前で過ごすような日常を送って来られたのではありませんか?
ものすごい短い月日の流れの中を生きておられるのでは?

一度しかない人生なんです。余りにももったいないですよ。

 | BLOG TOP | 

プロフィール

砦の番人

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。