スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年

新年明けまして、おめでとうございます。
私の周囲は、少しも目出度くない状況なのですが……
いつになれば、活動に専念できる状態に戻れるのか。


新年早々、憂国関連の話題からスタートさせて頂きます。
竹島領有問題に関して、良質な動画を見つけた為、ご紹介致します。

◇竹島は韓国領?◇



作成したのは、現役高校生だそうです。
高校生ですら、このレベルのものが作れるというのに、自由史観研究会や作る会を初めとする保守学者らの無能さときたら、どうでしょうか?


かつて私は、小学・中学・高校の長きに渡って、平和・人権運動家と称した連中に、「平和教育」「過去の反省」と偽った反日教育を叩き込まれて育ちました。
祖国と祖父の世代を憎むように仕向けられ、自らの血を呪うように仕向けられ、育ちました。
それが正しい事だと信じ込まされ、その胸の痛みは、祖父の世代のせいなのだと思い込まされていました。

平和運動家と称した羊の革をかぶった狼に、その幼い喉を食いつかれ、その爪を深々と胸に突き刺されていた頃、
その狼の正体をとっくに見破り、その狼(歴史捏造)を仕留められるだけの弾薬(捏造を打ち破る証拠資料)を持ち、狩猟免許(歴史問題に関わる専門家としての肩書き)をも持った日本のハンター(保守学者)たちは、
一体、どこで何をしていたのか?
法廷への提起は無論、直接抗議すらせずに、ただ、彼らは保守雑誌の岩陰に隠れて、ひたすらわめいているだけでした。

彼らは、私たち幼子が苦しむ姿を認めならがも、一発の弾丸も放たず、ただの一度も戦おうとせず、半世紀以上も狼を野放しにしてきました。
その結果、狼を増えるにまかせ、仔狼すら大狼に成長させてしまうという、自体にまで発展させてしまいました。
しかし、それでもなお、この後に及んでも、彼らはトリガーに掛けた指を動かそうとはしません。
彼らは一体、何世代、見殺しにすれば気が済むのでしょうか?


極左教育を受けて育った私が、洗脳から解放された経緯……
狼を仕留められる弾薬を持ちながら、半世紀もの間、放つことを避け続けた保守学者らの存在を知った時の絶望……
一時は期待した自由史観研究会や作る会を憎悪するに至った事について……
いずれは、語らねばならぬでしょう。
(批判を受けそうな為、この話をする事はずっと避けて参りましたが)

正月早々、愚痴をこぼして申し訳ありませんが・・・・。




健やか総本舗亀山堂




コメントの投稿

非公開コメント

 | BLOG TOP | 

プロフィール

砦の番人

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。