スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者側に責任を押し付けたがる社会風潮(後編)

夏のピークが過ぎ、連日の熱波も和らぎ始めている。
職場の壁に吊るされたカレンダーは、海洋の写真がプリントされたページを、あと数日で引き剥がされつつあった。
今朝から曇り空が続いているおかげもあって、扇風機の唸り声にわずらわされる事も、襟元が汗で濡れそぼる事もなくなっていた。

十年以上前のあの日は……
どれくらいの暑さだっただろうか?どれくらいスーツの襟元を湿らせていただろうか?
十年以上前……新卒市場の舞台から大手の求人が一通り幕を引いた頃、私は大阪に向かう電車の中で揺らいでいた。
二万円以下で購入したリクルートスーツに、ようやく慣れ始めた首元のネクタイ。整髪料を付けぬ髪は、電車の天井で唸る扇風機に乱されるに任せ、手には薄っぺらい安物の鞄を後生大事に提(さ)げていた。
中には大学の講義で使用している筆記用具一式とノート。そして求人案内の書類だけが無駄に沢山入っていた。
その時の自分の出で立ちを一言で言い表すならば「ダサイ」に尽きる。だが、就活生の不慣れな背広姿なんて大概そんなものだったろう。

空いている方の手で読書していた記憶もあるが、その本がなんだったのかは良く覚えていない。
ただ、その滑稽な内容に、電車の人ごみの中で笑ってしまわぬよう堪えていた事は良く覚えている。

そのダサい就活生が、何度目かの面接に向かっていたのは、社員数3名の零細企業だった。業種はIT。社名は忘れた。
春の大手企業の求人が散り尽くせば、学生たちは、次に芽吹く夏の中小企業の求人を求めてさまよう。それも逃した者は、秋の寂れた新卒市場の森で、零細企業やブラック求人を掘り当てる作業が待っている。

だが、季節はまだ初夏だった。いくら不況とはいえ、その時期に零細企業の求人を集中的に回る私のような学生は、少数派だった。
大手の大樹も、中小の森にも執着せず、零細企業の野畑を好んで歩んでいた理由は、小さな会社ならば簡単に採用の花を詰めるだろうという、素人なりの計算があった為だ。

「出来るだけ小さな会社」「でも、将来性のある分野」

この二点が、私の応募基準だった。
当時は、不況の氷河の底からITバブルの噴泉が立ち上るさなか。IT業界ならば、小さな芽も直ぐに大樹に育つだろうと思っていた。

その零細企業の面接場所は、小さなビルの二階、仕事机を隅にどかしただけの狭いオフィスだった。待合場所は、そのオフィスの前の廊下。
面接官は二人。採用人数は一人。その日の応募者は私を含めて三人だけだった。

最初に面接を受けた私は、五分もせずに廊下に戻ってきた。
己の浅はかさを思い知らされ、羞恥心で顔を真っ赤にした私は、廊下のパイプ椅子に腰掛けると、顔を伏せたまま残り二人を仰いだ。
この二人は、面接官の“あの質問”に何と答えるのだろうか?
次に呼び出され、やはり直ぐに戻ってきた二人は、複雑な顔をしていた。
どうやら私同様、“あの質問”に答えられなかったらしい。
私たち三人は、最後に一緒に面接室に呼び戻されると、困り顔の面接官に告げられた。

「どうも皆さん、趣旨違いのようです・・・・残念ながら全員不採用とさせて頂きます」

面接を受けたその場で不採用の通知を受けたのは、これが初めてだった。

なぜ、一人も採用されなかったのか?
それは、面接官の質問に私たちは誰も答えられなかった為だ。
面接官は、私たちに「C言語はどの程度できるのか」問うたのだ。
ITと無縁の生活を送っている学生が大多数だった時代だ。三人とも「C言語」なんて知らなかった。

私たちの父の世代も、一回り上のバブル世代も、大部分が、新卒の時に知識ゼロの状態で採用され、一から企業内で教育を施された。
その為、私たちも採用後に一から教育してもらえるのだと思い込んでいた。だが、中小・零細企業を中心に回る内に、一つの事実に気づかされた。
それは、学部やスキルを問わずに採用し、一から育ててくれるのは大手・中堅企業だけだという事だ。

人材教育に投資する余裕がない中小・零細企業は、出身学部とスキルに執着する傾向が高かったのだ。
製造業の中小企業は求人が余っていると聞き、面接におもむいても、「図面は引けるか」だの「NC旋盤は使えるか」だの、スキルを求められる事がしばしばあった。
中小企業博におもむき企業説明のブースに着いても、歓迎されるのは特定の学部出身者や特定のスキルの持ち主だという事を理解するのに時間は掛からなかった。
企業ブースで席に着き、直ぐに「これはダメだ」と気づき席を立つ羽目になる学生は、私を含めて多数いた。

“新卒は未経験者・スキルゼロで当然”“それを一から育てるのが企業の仕事”という常識は、バブル崩壊以降、既に非常識に変わりつつあったのだ。
(好景気の年に限って、その常識は復活するが)

当時の学生の多くは、その事実を知らぬまま就活を始めていた。世間もその事を知らず「中小企業を選べば直ぐに就職できる」などという迷信がのさばっていた。
そして、それは今もなお変わっていない。「学生が就職できないのは大手を狙うからだ」という批評が、TV、経済学者のブログ、ネット上の各所で繰り返されている。
私のブログには「中小企業を中心に回っていますが、いまだ内定が採れない」と嘆く学生たちの投稿が幾度か寄せられている。
学生も世間も、十年前と何ら変わっちゃいない。

この後編では、今期の就職氷河期の猛威の中、大々的に流布されている氷河の上の二大蜃気楼(農業・介護に需要があるという主張)について、反論させていただく。

1.就農が、就学生を救うという大嘘

以前の派遣切りの時もそうだが、就職難で苦しむ人々が溢れる度に「農業に行け」という声が良く聞こえる。
高名な経済学者の中には、就農が失業者対策に繋がると公言している者すらいる。
現在、失業者は日本全国で300万人ほどいる。それらの失業者を受けいれられるというのだから、おそらく農業の求人は最低300万件以上あるのだろう。
それだけあれば、50万人以上いる大学新卒者の就職難も解決してくれるかも知れない。

では、一体、農業の求人は何百万件あるのだろうか?
↓の農業専用求人サイトで、「地域」「農業業種」「雇用形態」を問わずに検索して見ていただきたい。
http://www.agrijob.jp/index.php
……日本全国で正規・非正規合わせて100件あるかないかだ。
(東日本大震災以前の農繁期にも検索してみたが、同じだった)
昨年はハロワで、地元の農業・林業・畜産・酪農・園芸の求人を探していたが、非正規を含めても10件に届かなかった。特に農業の正規求人は見当たらず、林業は通勤困難な山岳部に集中し、園芸は未経験者不可、畜産は余りにもブラック過ぎた(休日は月に二回、お盆・正月休み無し。それでいて賃金はコンビニのアルバイト程度の水準)
(一時期、酪農の良い求人が一件だけあったが)

なぜ、これほど少ないのか?
皆様、良く考えていただきたい。
数百人の従業員を抱える企業なら、日本中どこにでもあるだろう。あなたの地元にも。

だが、数百人の従業員を抱える大農家が、日本のどこに存在するというのか!?

農家の大多数は“家族経営”。従業員など雇用していない。忙しい収穫期に求人募集を出す事はあっても、大半はアルバイトかパートだ。あるいは人件費が格安で済む外国人研修生が対象だ。

農家が人手不足だというのは、農家の息子が後を継いでくれない為に、農家の人口が減っているという意味だ。農業に豊富な安定した求人があるという意味ではない。
自ら農家になるという手もあるが、耕作地を購入した上で、初年度の費用だけでも数百万を要する。しかも利益が出るのは数年先だ。

農家が人手不足だから、学生は就農を選べば良いとは……日本の経済学者がいかにド阿呆である事だろうか?


2.介護が、就学生を救うという大嘘

私には、認知症の身内がいる。家族と共に介護している。
認知症の患者の介護で大変な点は三つある。
一つ目は用便の始末。だが、排便を投げる等の問題を起こさない限り、これは直ぐに慣れる。
二つ目は体力。成人の体を支えて寝起きと歩行を手伝い、ゆっくりとした動きに歩調を合わせる……これは想像以上に時間と体力を消費する。
(起こし、排便させ、寝所から食卓まで連れ、食事を取らせ、また寝かせる。たったこれだけの事で、一時間以上も掛かってしまう事すらある)
そして三つ目は、妄想に基づく暴言と暴力だ。
被介護者を介護しようとしても、拒絶される事がしばしばある。認知症患者は、必死になって介護する人間に感謝する所か、わがままを言っては暴言を良く吐く。その横暴な要求を拒否しようものならば手足を振り回し、歯で噛もうとし、暴れだす。
それに耐えながら献身的に介護しても、認知症患者は、介護人に対して“侮辱的な妄想”を抱き、それを平然と他人に語る。
(例えば、介護人が介護疲れで倒れようものならば、“外で悪さして、性病をうつされてきたから、倒れたんだ”などというトンデモない妄想を抱き、それを人に言いふらしたりする。私自身、この被害にあった)
喜怒哀楽の内、“哀”の感情を認識できなくなっており、こちらが暴言に耐えかねて涙を流しながら「酷い事を言わないでくれ」と訴えても、まるで通じはしない。

そんな、介護の大変さを身をもって知っている私から「就職先が見つからないなら、介護を選べばいい」とほざく、経済学者やメディアに一言いわせていただきたい。


他に就職口が無かったからという程度の動機で、人間の介護ができると思っているのか!!


就職口がないなら介護に行けなどという連中は、自身は介護で苦労した経験がないのだろう。
介護の求人があるから介護を選べと曰(のたま)う台詞は、例えるなら、飲料水がないなら海水を飲めと言っているようなものだ。
介護の大変さを理解している者なら安易に介護職を勧めはしない。海水の塩辛さを知っている者なら海水を飲めなどとは言いはしない。
介護の求人が、就活生たちを救うという主張は、そのようなものだ。


……が、そもそも介護の求人は豊富に余っているという情報自体、これは嘘だ。
なぜならば、昨年、二度の失業を余儀なくされた私は、介護の求人に応募し、現状を見てきているからだ。

一度目の失業時は一週間足らずで底辺の正規職に有りつけた私であったが、二度目の失業時では再就職まで半年もの期間を要した。
回った求人先は、ハロワーク経由・非経由合わせて50社以上。
その中には介護の求人が数件含まれている。
希望待遇のハードルを下げに下げ、各種保険あり、退職金制度無し、出来れば数万程度の賞与(ボーナス)あり、初任給は最低で15万前後、昇給制度ありの介護の求人を探したが、
こんな条件下ですらほとんどの介護職が、医療系の資格と一年以上の実務経験を採用条件にしていた。
未経験者も応募“可”の介護求人を探し、一番雇用状態が増しな所を選んで数件応募したが、私が面接におもむいた時には、既に十数名の希望者が名を連ねていた。
大多数が介護福祉系の短大出身者と中高年の主婦。無資格・実務経験無しの私は、全く相手にされなかった。
TVとネットで溢れる「介護は人手不足だから、直ぐに就職できる」という主張は何だったのか?
この点について、面接の時に介護センターの所長は簡単に説明してくれた。

「介護で応募者が来ないのは、“介護報酬が極端に低い自治体”と“訪問介護”だけです」

介護報酬は自治体によって異なり、10年勤めても月収が15万程度にしかならない所があるという。
また、訪問介護の場合、介護報酬がカウントされるのは“訪問先で介護した時間分”のみであり、各訪問先への移動時間はカウントされない為、地域によっては賃金が極端に低くなってしまうケースが多いそうだ。
介護で応募者が来ないのは、そういったブラックな求人だけであり、まともな所ならば、いくらでも応募者が来るというのだ。

介護の求人が、就活生を救うなどという話は、“介護の難解さ”と“需要があるのはブラックな所”がという二点から考えて、余りにも非現実だ。


3.就活生の為の反論用Q&A

ここに、就活生たちを馬鹿げた誤解と迷信から守る為に、反論用テンプレを掲載しておく。好きにコピーペーストされたし。

__/__/__/__/__/__/__/__/__/

Q: 求人倍率が1倍以上あるのに、なぜ就職難?
A: 新卒の求人倍率は、アンケート調査に基づいた“推測”に過ぎない。
<詳細>
一般の求人倍率は、職安に登録された企業を対象に、国によって「募集定員÷就職希望者数」という計算で、月毎に算出されている。
対し、新卒の求人倍率は、民間企業(リクルートワークス社)の電話とFAXによるアンケートに答えた企業の回答を本に、「就職シーズン中に募集する予定数÷就職希望の学生数」という計算で、就職シーズン初頭の2月から3月の間に算出される。
この時期の調査結果から、一年以上ある就職シーズンの総募集定員を正確に割り出せるはずがなく、これはあくまで“予定数”に過ぎず、その後の景気次第で増減する。
特に不況時は厳選採用により採用数が募集定員を下回る事が多い為、数字の上では一倍以上であっても、現実は一倍を下回っている可能性がある。


Q: 中小企業の求人倍率は、10年度は8.43倍、11年度は4.41倍ですが?中小は、売り手市場では?
A: この倍率は、需要過多を表している訳ではない。
<詳細>
この倍率は、ワークス社により、大学三年生を対象に2~3月に掛けて行われる「どの規模の企業を第一志望にするか」というアンケートに対し、「従業員規模300人以下の企業」を第一志望と答えた学生数を分母に、従業員規模300人以下の企業の募集定員を分子にして算出されている。
就活で苦労する前の時期に、“一番規模の低い企業”を第一志望とする学生は少なくて当然である為、求人倍率が跳ね上がってしまっているに過ぎない。


Q: 不況でも四月の最終内定率は90%台ですが?
A: 11月以降の内定率は全く無意味。
<詳細>
内定率は「内定数÷就職希望者数」で算出されている。各企業の内定式が始まる10月になると、未内定者は就職を諦めて進学(大学院)・就職留年・フリーター(就職浪人)へ切り替える為、分母が減り、内定率が跳ね上がる。
11月以降の内定率は、実際の就職率とは大きく誤差が生じる為、ほとんど意味をなさない。
(10年卒の場合、最終内定率は91.8%だが、就職率は60.8%)


Q: 大手を狙うから就職できないだけでは?
A: 大手の求人は春に、中小の求人は夏に集中する為、就活生が夏以降も大手の求人を狙い続けるのは困難。
それに、毎日コミュニケーションズの調査では、バブル崩壊以降の学生の大手志向は下落しており、中小企業狙いが主流となっている。大手志向が高いといわれた10年度卒ですら「絶対に大手が良い」と回答した新卒者はたったの9.7%に過ぎない。


Q: ゆとり世代は無能だし、大卒者は20年前の2倍に増えている。数が増え、質が低下しているから就職難になっているだけでは?
A: なら、なぜ07~09年度卒は売り手市場だったのか?高卒すら売り手であり、日立、東芝、キャノン等の大手企業は、09年度の高卒採用を五割も増やしていたが?
企業は、新卒でさえあれば、無能でも低学歴でも、その時の景気次第で大量採用している訳だが?


Q: 内定率が低いのは、底辺大学が内定率を下げている為では?
A: 内定率は、有名大学62校をサンプルに算出されている。
参考記事)実際は「50%台前半」の声。就職内定率68.8%のウソとカラクリ - 特集 - 週プレNEWS


Q: 農業は人手不足らしいから、就農を選べば?
A: 農業センサンス(2005年)の調査では、販売農家の年収は、12%が販売収益無し、27%が年収50万以下、17%が100万以下、15%が200万以下。農家の過半数は低所得に加え、そもそも求人自体少ない。
http://www.agrijob.jp/index.php(全国の農業求人数を検索してみよ)
農家の人手不足とは、単に農家の人口が減っているという意味に過ぎない。


Q: 介護は人手不足らしいから、介護を選べば?
A: 介護で有利なのは、福祉関係の資格が取れる理系の短大生。埼玉県の場合、10年卒の10月1日の内定率は、大卒の場合、文系が28・1%、理系が32・0%なのに、対し、短大の理系は看護・福祉の求人に歓迎され75・7%が内定を採っている。
それ以前に人間の介護は、「他に就職口がないから」という程度の動機で務まるような業務ではない。

__/__/__/__/__/__/__/__/__/



4.終わりに

昨年、二度も失業し、沢山の企業を回り、あちこちで求職相談をした私には、一つの事実がハッキリと見えてきた。
それは、良く聞く

「選り好みしなければ、仕事なんていくらでもある」

という台詞には、続きがあるという点だ。
すなわち、


「選り好みしなければ、仕事なんていくらでもある。“ただし、雇用条件や賃金がその辺のアルバイトよりも酷い求人も含めれば”


退職金制度あり、各種保険あり、数十万程度の賞与あり、昇給制度ありで十年働けば最低でも手取り二十万を越える程度の賃金あり……世間一般では、これが普通の求人だと思われているが、ハロワの求人で、こんな条件を揃えている所は、四割にも満たない。
そして、その四割に満たない求人に食い込むには、大抵、“相応の実務経験(同時に資格も必要になる場合が多い)”と“年齢の若さ”が求められる。
若くとも経験が乏しければ相手にされず、経験豊富でも中高年は歓迎されない。

ダサい、格好悪い、キツイなどといった理由で求職者が来なかったのは、バブル時代だけの話だ。今の時代、まともな賃金がもらえる求人であれば、どんな職種であろうが応募者は殺到する。それが現実だ。
もし、ブラックでもないのに応募者が来ないというならば、それは求人宣伝に力をいれていない為か{*1}、勤務先が通勤困難な場所にある為か、過去に問題を起こしたか(過去に大量解雇したり、求人宣伝と異なる雇用を行なった場合、それがクレームとして職安に届き、職安側に記録されてしまう)のいずれかだろう。

中編
前編




<注釈>

{*1}今年2月に河北新報社が、「山形県南陽市が土木技術職員を募集したが、公務職にも関わらず応募者がこない」という記事を掲載した所、途端に、全国から応募者が殺到するという現象が起きている。人が来なかったのは、単に市側の求人宣伝が足りていないだけだったのである。




健やか総本舗亀山堂



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | BLOG TOP | 

プロフィール

砦の番人

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。