スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新卒主義の六つの弊害・前編

待ちぼうけ 待ちぼうけ ある日せっせと野良稼ぎ そこにウサギが飛んで出て ころりころげた木の根っこ 
待ちぼうけ 待ちぼうけ しめた これから寝て待とうか 待てば獲物が驅けてくる ウサギぶつかれ 木の根っこ
待ちぼうけ 待ちぼうけ 昨日鍬取り 畑仕事 今日は頬づえ 日向ぼこ うまい切り株 木の根っこ・・・・

北原白秋・作詞「待ちぼうけ」・・・・。
これは、中国の思想家・韓非子の説話が元になっている。
上手い具合にウサギを得た農夫は、今後も同じように上手く行くと思い込み、野良仕事を止めてしまった。しかし、ウサギは二度と獲れず、ただ田畑を荒廃させてしまっただけだった。
以前は、それで万事上手く行っていたとしても、時が変われば同じように上手く行くとは限らない・・・・・。
過去の習慣や制度を理想と考え、それを守り続ける事を説く儒教に対し、韓非子はかような例え話で戒めたという。


2000~2005年の超就職氷河期は、大卒の半数、高卒の八割が就職できなかった。
新卒主義の日本では、新卒枠(新規卒業予定者を対象とする枠)を逃してしまえば、既卒後に中途採用枠を見付けるしかない。
だが、中途採用は、即戦力になり得る転職者が対象だ。不況下に、職務経歴書一つ用意できない(職歴の無い)、戦力外の若人を相手にしてくれる所は少なかった。
(現在、職安の求人の多くは“職歴・年齢不問”になっているが、これは雇用法が改正されて「職歴・年齢制限付の募集」が制限された為に過ぎず、採用の是非を職歴と年齢で判断する習慣は変わっていない)

新卒枠を逃した当時の私は、既卒後、職歴不問の仕事を探す日々を送った。
小さな町工場を中心に何社も面接を受けた。
私はその面接の度に、面接担当者から屈辱的な問い掛けを受けたものだ。

「君、今年卒業してるけど、なんで新卒の時に就職しなかったの?」
「就職氷河期?そんなの新卒は関係ないやろ?」

学生の自殺者まで出た超氷河期が到来している最中だというのに、当の求人側はそれを知らない人が余りにも多かった。
面接を担当したのは、大抵、バブル世代以上の人たちだ。“新卒は就職できて当たり前”の時代を生きた彼らには、新卒が何十社回っても内定一つ取れないという現象が理解できなかったのだ。

昔は、ちゃんと高校か大学さえ卒業していれば、新卒は就職できて当然だった。特に、高度成長期とバブル期は、大手を一、二社回るだけで良かった。ゆえに、職業安定所は、職務経歴書を用意できる離職者・失業者の受け皿としての役割をはたしてさえいれば良かった。
それで世の中は上手く機能していたのである。

だが、1993~2005年に新卒市場を吹き荒んだ氷河期の吹雪は、それを濁った雪の下に眠る過去の遺物に変えてしまった。
新卒の段階で就職できず、非正規や底辺の正規職で食いつなぐ若者が、毎年、雪原の上に溢れた。失業し、雪原に放り出される中高年も増えた。
今、非正規で食いつないできた為に、まともな職務経歴書を用意できない求職者が沢山いる。
今、職歴があっても、採用されやすい人手不足の求人ばかりを選んできたが為に、転職を繰り返す事を余儀なくされ(人手不足の求人は、雇用が不安定だからこそ人手不足なのである)、綺麗な職務経歴書が用意できない求職者が沢山いる(一般的に、転職回数が多い職務経歴書は、マイナス評価される)。
今、綺麗な職務経歴書を用意できても、35歳を越えてしまったが為に、安定した求人に有り付けない求職者が大勢いる。

“新卒”が就職の保障となり得る時代は過ぎ去り、逆に『新卒主義』と『職務経歴書』が就職の障害になってしまう時代に変わっている。もはや、この制度と習慣は社会に適さないのだ。だが、いまだにこの悪制と悪習は改善されていない。
今回は、社会に適さなくなった新卒主義の弊害について、私は語りたいと思う。
 



1.不況の度に、日本独自の社会問題が起きてしまう。


日本は学歴社会だといわれる。
だが、その割には、学歴の価値を保てる期間は新卒の間だけときている。これは多くの企業が新卒主義を採っている為だ。
(今でこそ、既卒ニ、三年でも高学歴ならば採用してくれる大手企業も増えたが、少し前までは新卒枠を逃した者は、いかなる高学歴とて大手に入る事は不可能に近かった)
新卒枠を逃せば学歴の価値は急速に失われ、ノンキャリア採用が通用しなくなる25歳を越えてしまえば、学歴があっても職歴が無ければ安定した求人に有り付くこと自体、難しくなってしまう。
だからこそ日本では、就職できない新卒が大量に発生してしまう不況の年を“就職氷河期”と呼称し、これを深刻な社会問題として扱う。

だが、ご存知だろうか?
この“就職氷河期”という概念がピッタリと当てはまる言葉は、英語圏には存在しないという事を。
なぜならば、新卒主義などという偏った制度を採っているのは、世界では日本と韓国だけだからだ。

太平洋の向こうの国では、大不況のせいで、名門のコロンビア大学卒ですら就職率は35%にまで落ち込んでしまった。学生たちは怒り、学費を返せとデモを起こした。
だが、名門校ですらこの有様ならば、他大学の就職率はもっと低いはずだろう。にも関わらず、なぜ、アメリカ全土の学生が大規模デモを起こすまでには至らないのか?

その理由は新卒主義を採っていないあちらの国では、学生は“来年がある”からだ。来年がダメでも再来年があり、それがダメでも三年後、四年後、五年後・・・・と半永久的にチャンスは訪れる。
そう、あちらの国で起きている問題は、単に“今年は就職できなかった”という問題に過ぎない。
就職できなかった学生たちは、取り合えず非正規や低所得の仕事で職歴を重ね、来年、再来年の就職に備えれば良い。
(あちらの国では、非正規でも職歴にカウントされる上に、職務経歴書などという物も存在せず、アピールしたい職歴を履歴書に書くだけで良い)

就職氷河期とは、新卒主義を採る国でのみ発生する現象であり、本来は、この制度さえ採っていなければ起こりえない問題なのだ。
いまだに新卒主義が貫かれるのは、
「目上の部下や後輩は持ちたくない」
(新卒一括採用制度と年功序列制度を採れば、上司は年上、部下は年下という構図が主流となる)
という企業側の“わがまま”が原因だ。このわがままの為に、就職氷河期という“人災”が生み出されたのだ!
「年功序列制度を維持する為には新卒主義が不可欠だ」という主張もあるが、年功序列制度を正常に機能させるには、むしろ、新卒主義こそが弊害だ。(理由は、後編に記載)


今、第二期就職氷河期が到来し、学生たちが苦しんでいる。だが、それは彼らが努力を怠った為ではない。
時代錯誤な制度を採り続ける企業側のわがままのせいだ。
なぜ、“企業のわがまま”の為に、不況の年に当たった何十万という若者たちが弊害をこうむらねばならないのか!?




2.受験勉強と学歴の意味がなくなってしまう。


派遣は、大手・中小・零細のあらゆる企業の中で働くことができる。
外からは見えない各企業の内情を覗くことができる為、しばしば意外な事実を知って驚愕してしまう事も多い。

私が大手企業で働いた時、もっとも驚いたのはその構成員だった。
それまで私は、大手企業とは、高学歴の中でも厳しい入社試験をパスした人々だけが入れる所だと思い込んでいた。だが、現実は大きく大きく異なっていた。
大手企業には、低学歴の方も意外と多いのだ。高卒枠を設けている所ならば、高卒の社員も数多く在籍していた。
(ただし、“大卒は事務・営業・開発。高卒は肉体労働”という具合に部署や勤務先を差別化している所が多かったが)
高学歴の社員だけで構成された企業など、ほとんど見当たらなかった。

日本は学歴社会だといわれる。
にも関わらず、なぜ、学歴で劣る者が大手企業に入社できているのか?
その秘密は、新卒主義という偏った求人方法にある。

分かりきった話だが、好景気の年は大手企業は求人を拡大し、各企業が一度に数百人から数千人もの採用者を出す。
もし、これが全ての年代を対象にした募集であれば、学歴志向の高い企業は、各年代の高学歴出身者を集める事ができるだろう。しかし、新卒主義下では、大量募集されるのは“新卒だけ”だ。そして、好景気で求人が拡大したからといって、新卒の数は増えたりはしない。
その結果、好景気の年は、大手の求人数(募集定員)が新卒の数を上回ってしまうのである。
(しかも、内定を出した何割かの学生が他社に行ってしまう事を見越して、募集定員を越える採用者を出す為、実質的な求人数は新卒の数を“はるか”に上回る)

好景気の年は、いかに学歴志向の高い企業であろうとも、高学歴出身者だけでは定員を満たす事ができない為、審査を甘くして三流大卒や高卒にまで門戸を開放する。その為、好景気の年に新卒だった者は、低学歴でも大手に入れてしまう現象が生じる。
だからこそ、大手企業には三流大卒や高卒の社員も多数在籍しているのだ。
大手企業の社員は、好景気の年に大量採用された世代が主流であり、受験勉強を勝ち抜いて良い大学を出、厳しい試験・審査をパスして入社した人は、“求人が縮小する不況の年に採用された少数の人々”に過ぎなかった。


一方、私が中小・零細企業で働いた時、もっとも驚いたのは、意外にも高学歴の社員がいる事だった。

私は学生の頃、警備のバイトしていた。その当時、バイト仲間からこんな話を聞かされた。
「この間一緒に働いた警備会社の○○社。あそこ正社員は三人しかおいらんし、本社はマンションの一室でしょ。超零細もええとこですやん。でも、そんな所に、立命館卒(同志社卒だったか?)の子とかが面接に来るらしいんですよ」
私は、これは特殊なケースだと思っていた。
だが、実際に中小企業の中を覗いてみたら、それは特殊なケースではなかった。中小どころか零細企業でも、高学歴の人を見かける事があった。
なぜ、彼らは、高い学歴がありながら中小・零細企業に入っているのか?
その理由は、やはり、新卒主義という偏った求人方法が原因だった。

新卒の身で中小企業に入社した高学歴出身者は、その多くが不況の年に新卒だった人々なのだ。
彼らは、高学歴でありながら、大手の求人自体がほとんどなかったが為に、中小企業に入らざる得なかったのである。

そして、零細企業に入っている高学歴出身に至っては、“大”不況の年に新卒だった人々が中心だった。
大不況の年は、高学歴が中小企業にすら食い込めない現象が発生する。これは、大手企業は学部を問わずに募集を掛けるのに対し、中小企業は即戦力欲しさに出身学部を重視する為だ。
理系の企業は高学歴でも文系出身者は嫌い、文系の企業は高学歴でも理系出身者を余り評価しない。即戦力が必要な不況の年はなおさらだ。(それ所か、専門技術を持っている専門学校卒の方を好む事が多い)
その為、大不況の年は高学歴でも就職できない者が続出してしまう。彼らは、名門大学を出ていながら、既卒後に職安で紹介された零細企業にでも入らざる得なかったのだ。
(書いていて思い出したが、過去の派遣仲間にも高学歴の同僚がいた)


この現実を目の当たりにした私は、重大な事実に気付き愕然とした。
それは新卒主義下では、
「好景気の年に新卒でさえあれば低学歴でも簡単に大手に入れるのに対し、大不況の年に新卒だった者は高学歴でも就職自体が難しくなってしまう」
という事実だ。
そう・・・・勝ち組になれるか否かは、個人の努力よりも、新卒の時の景気具合に大きく左右されてしまうのだ。
これでは受験勉強や学歴の意味がないではないか!!{*1}




3.好景気を迎えても、雇用問題が解決しない。


2006~2009年、日本は十年以上に渡る不況から脱し、空前の好景気を迎えた。
連日テレビでは新卒の就職率が急上昇している事が報じられ、求人倍率は数字の上ではバブル期を上回った程だった。

だが、TVの向こうでは好景気の春が訪れようとも、現実の雇用市場は氷河期の中に取り残されたままだった。
春を迎えたのは新卒市場だけであり、新卒以外の者は、相変わらず厳しい雇用状況に置かれていた。
景気は回復したのに、非正社員の平均賃金は低下し続け、そしてその数は減る所か増え続けていたのである。

2005年度の非正社員数 1633万人
2006年度の非正社員数 1677万人 
2007年度の非正社員数 1732万人
2008年度の非正社員数 1760万人
(参考:統計局ホームページ-労働力調査 長期時系列データ 雇用形態別雇用者数)

2009年度に非正社員数は低下するが、これは非正社員が正社員化された為ではなく、リストラによって失業者に変わった為だ。

むろん、ハローワークの求人数は、何とか求職者数を上回りはした。
だが、求人が増えたからといって、誰でも採用してもらえる求人が増えた訳ではなかった。
まともな職務経歴書が用意できないフリーターや中高年層を雇用してくれる求人は少なく、我々が採用してもらえる所は、相変わらず派遣と同列かそれ以下の不安定な求人しかないという有様だった。
「ハローワークに行っても、どこにも採用してもらえなかった」
と派遣会社の門を叩く求職者は増えるばかりだった。


好景気の年、各大手企業は数百人から数千人単位で求人募集を行う。
新卒市場に関わっている中小企業も一斉に求人を拡大する。
もし、これらの企業が全ての年代を対象に募集を行ったのであれば、日本の雇用問題は一気に解決した事だろう。
安定した仕事に有り付ける人々が増え、平均所得は上昇し、国内市場も活性化し、日本は経済力を取り戻した事だろう。

所が、日本は新卒主義の国だ。
景気が回復しても、多くの企業は新卒にだけ門戸を開く。
ゆえに、その年の新卒は誰でも大手に入れてしまうという現象が生じるばかりで、雇用問題は全く改善されないのである。

他国では景気回復が雇用回復に繋がるが、新卒主義を採っている日本では景気回復は雇用回復に繋がらないのだ!

新卒主義の欠点の一つは、まさにここにある。
政府が苦心して景気回復を成し遂げた所で、新卒主義が廃されぬ限り雇用問題は改善されない。
ただ、現政権が失政を犯したと責められるばかりだ。




<注釈>

{*1}特に、最大の好景気として有名なバブル期に新卒だった方々(バブル世代)は、入社試験すら受けずに大手に入っている。
バブル期は、企業側は新卒を獲得する為に、入社記念に海外旅行ツアーを企画したり、豪勢な社宅を用意したりと、特典を付けて募集を掛けるのが普通で、学生は入社希望書を送っただけで審査も試験も面接も無しで内定がもらえてしまうような時代だった。今から思えば、信じられないような話だ。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>バイバルス

超氷河期の2000年~2005年卒でも、製造業の求人は豊富にあった為、理工学部など特定の学部出身者は売り手市場でした。
氷河期は学歴の高低よりも、企業のニーズにあった学部出身者が優位になります。
だからこそ、今回の第二期・就職氷河期では、早稲田や東大卒ですら、で四割が“内定”取れないなんて現象が起きるんです。

 | BLOG TOP | 

プロフィール

砦の番人

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。