スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用問題・二 二度リストラされた人々

日米の違い

上記は、私が高校時代に読んだ洋書に載っていた風刺画だ。記憶を頼りに再現した。
日米問題を扱った米国側の風刺画を紹介する内容だったが、本のタイトルは忘れた。
レーガン大統領が登場する風刺画が多かった為、80年代に出版された本だったと思う。
その本の中で、上記のようなニコマの風刺画が掲載され、こういう具合の説明が行われていた。

「わが国では業績が悪化すれば、上司は部下に責任を押し付けてクビにする。対し、日本では上司が責任を取って辞職する」


かつては、日本人の責任感の強さは国際的に定評があった。
『下の者の為に、上の者が責任を取る』という習慣は、日本の特徴として世界的に知られていた。
むろん、これは新卒主義や年功序列制度のように戦後に突如発生した奇形文化ではない。
一千年以上昔から続く、日本の伝統習慣だ。

元弘の乱の折、六波羅探題を落ち延びたものの、行く手を敵に阻まれて進退窮まった兵士らを救う為に「我が首を土産に降伏するように」と腹をかっさばいた六波羅北方の守将・北条仲時。
羽柴秀吉の中国攻めの際、己の命と引き換えに助命を願い、三度に渡る兵糧攻めの飢餓から城兵らを救った三木城の城主・別所長治、鳥取城の城主・吉川経家、高松城の城主・清水宗治。
命を捨てずとも、幕府からの筋違いの要求に対し「道理は曲げられぬ」と、無名の部下をかばい続け、遂には己の身分も地位も捨ててしまった興国寺領主・天野康景。
破綻した藩の財政改革の折、二宮金次郎に諭され、自ら藩に俸禄(世襲で与えられる給与)全てを返上して手本を示した下館藩家老・上牧上牧甚五太夫。(近年では、隣国の李明博大統領が、同じ事をやってのけたが)

この敷島の歴史を紐解けば、下の者を救う為に命や身分や財産を捨てた大将や重臣の逸話など少しも珍しくはない。
平時は部下に忠義を要求し、危急の折には主や上の者が責任を取るというのが、我が国の世界に誇るべき伝統習慣だった。
そして、この習慣は、派遣制度が一般に解禁された1999年以前までは、確実に我が国の一般的な習慣として残っていた。ほんの十年ほど前までは・・・・。



就職氷河期。
私が無職の状態で求職活動を続ける事に危機感を覚えて派遣会社の門を叩いた時、そこには私と同じ境遇の若者以外にも、大勢の年配者がいた。リストラされた団塊世代だ。

1991年、日本のバブル経済が崩壊した時、「リストラ」という聞きなれない言葉が日本の国土に染み渡った。
「日本企業は絶対に社員を解雇しない」といわれた神話が崩壊し、終身雇用の土壌は四文字の外来語に泥濘(ぬか)み、足場を失う労働者が出始めた。
そして、1997~1998年のアジア通貨危機が発生すると、遂にリストラは巨大な出水となって多くの労働者を飲み込んでしまった。
この時、真っ先にリストラの対象となったのは、40代以上の社員・・・・いわゆる団塊世代だった。

彼らがリストラの対象となった理由は、高給取りだった為だ。
高度経済成長期に(将来の弊害を考えずに)考案された“年功序列制度”の下では、会社の利益の増減に関係なく、社員は毎年昇給する仕組みになっている。その為、高度経済成長期に大量に新卒採用されていた団塊世代の多くが、当時は年功を重ねたお陰で高給取りとなり、会社の人件費を圧迫していた。若い社員のニ、三倍の給与を受けている団塊世代をリストラする事は、非常に合理的だった。
当時、年功序列制度のお陰で幹部ポストや管理職に就いていた団塊世代は、会社と若い社員の雇用を守る為に、自分で自分たちの世代をリストラ対象にしたのだ。
上に立つ者の責務として、それは当然の事だった。


そして、上に立つ者としての責務をはたし、職を失った彼らは、その後、年齢的に再就職が困難であった為に、派遣会社に籍をおいていたのだ。
私が派遣会社に入ったばかりの頃(2000年前後だと思って下さい)は、派遣社員の半数は彼らリストラされた団塊世代であり、以前まで大手・中堅企業で管理職を務めていた方々が非常に多かったものだ。

私は、派遣会社に入って以来、多くの団塊世代の方と働いてきた。
かつて企業で管理職を務め、月に四十万も五十万ももらっていた人々が、私たち若造と同じ賃金雇用され、十歳も二十歳も年下の上司にこき使われる姿を目の当たりにしてきた。
事務職の経験しか無い身で、営業系の仕事に派遣され、若い新人にすら勝てずに苦労する人。
管理職を務めていた頃に部下を叱責していた時の癖が消えず、同じ派遣の身でありながら、若い後輩の派遣社員にまるで上司のように振舞う人。
齢六十を越えながら、若い社員が電卓で計算する仕事を暗算だけでこなせてしまう人。
様々なタイプの方を見てきたが、彼らはみな、非正規労働者に陥った境遇を苦痛に思わずに嬉々として働いていた。
中には、親子ほど年の離れた社員さんに敬語を使い、ふざけて「ボス」と呼称し、若い社員さんを困らせるような明るい人もいたものだ。

年齢的に再就職が困難な彼らに取って、名前を登録するだけで仕事を斡旋してもらえる派遣制度は、救いの女神のような存在だった。少なくとも派遣制度が解禁された初期の頃は・・・・。
だが、次第に状況は変わり始めた。

2006年、日本の景気は遂に回復した。
だが、その恩恵を受けたのは新卒だけであり、雇用問題はなんら解消されなかった。
雇用は拡大しても、相変わらず中途採用の条件は厳しく、かつて若い社員を守る為にリストラと辞職の犠牲になった彼らには、安定した雇用口は皆無に等しかった。
景気回復に反比例して派遣社員の人口は増え続け、その待遇は冷え込み続けた。
そして、2008年末の金融危機。
結局、雇用問題は解決しないまま、日本は再び大不況を迎えた。それに伴い、大規模なリストラが敢行された。


昨年の末、古いブラウン管テレビを見つめていた私は、言葉を失った。
TV画面には、大量にリストラされた派遣社員や期間工らの姿が映し出されていた。彼らはリストラに抗議するプラカードを掲げていた。私が言葉を失ったのは、その中に、50代、60代の人々が沢山混ざっていた為だ。

しばらく呆然と画面を見詰めていた私は、喉の奥から呻くようにつぶやいた。

「この人らは、“二回目”やろうが・・・・!」

派遣制度が一般に解禁されたのは1999年だ。ゆえに、三十代後半以上の派遣社員は、ほぼ百%、失業した元正社員だ。
そして、50代以上の派遣社員は、バブル崩壊やアジア危機の時に、若い社員を守る為に犠牲になった人々だ。
その人たちが、今回の金融危機で“二回目のリストラ”を受けたのだ。

バブル崩壊とアジア危機の際も、大規模なリストラが行われた。だが、今回のリストラと過去のリストラでは決定的な違いがある。
それは、過去のリストラでは、会社の幹部や管理職を務めていた団塊世代が、自分で自分たちをリストラ対象にして下の者たちの雇用を守ったのに対し、
今回の金融危機では、上に立つ者は誰も責任を取らずに、逆に、下の者に押し付けたという点だ。

しかも、上に立つ少数の者たちの高給を維持する為に、下の低賃金の派遣社員たちを大量に犠牲にするという、以前とは全く正反対の形で。


テレビ画面を呆然と眺めながら、私はいたたまれない思いに駆られた。
十年以上前、若い社員たちの雇用を守ってやる為に自ら責任を取って犠牲となった人々が、その救ってやったはずの社員たちから、今度は逆に責任を押し付けられ、“二回目のリストラ”を言い渡されたのだから・・・・・。
恩を仇で返すとは、まさに、この事だろう・・・・・


だが、私がそれ以上にショックを受けたのは、50代、60代の派遣社員の多くが、元は企業の管理職や幹部を務めていた人々だという事実が、世間に全く認知されていなかった事だ。
それ所か、彼らの事を笑いものにする声をネット上で幾度も目にした。

“50代で派遣社員って・・・・よほどいい加減な人生を送ってきたんだろう”
“あの人たちはみんな中卒なんだ。だから、あの歳になっても正社員になれずにいるんだ”
“あんな歳になっても派遣をやってるなんて、今まで何も努力してこなかったんだろう”

何たる見当違いの中傷だろうか?
中には、
“正社員は責任をはたしているから解雇されないんだ。彼らは責任をはたしていないから解雇されるのは当たり前だ”
と公然と言ってのける者すらいた。
何を言っているのか・・・・・!
バブル崩壊の時、彼らは“責任をはたしたからこそ”、職を失い、派遣社員として生きているという事実を知らないのか!?


50代、60代の派遣社員を笑い者にした人々の中でも、現在、管理職を務めておられる40代の方々は思い出して頂きたいものだ。
あなた方がまだ若かった、十年前のアジア通貨危機や十数年前のバブル崩壊の際、会社のどの世代が犠牲になったのか?
あの時、自分たち世代が生き残る事が出来たのは、会社のどの世代がリストラ対象になってくれたお陰か?
そして、考えて頂きたいものだ。
その時にリストラされた人々・・・・年齢的に再就職が困難な人々は、その後、どのような雇用形態で生きる他なかったか?
なぜ、1999年に一般解禁された派遣社員の中に、50代、60代の人が大勢いるのか?
彼らは、一体、どういう経緯で派遣社員になったのか?
どうか、よくよく考えて頂きたいものだ・・・・・!






健やか総本舗亀山堂



コメントの投稿

非公開コメント

> 職にあぶれた時は

> 介護だとか人手不足の求人に行けば、何とかなるんじゃないでしょうか?


じゃあ、「介護報酬じゃ、とても生活できない」と言って、離職して派遣に来た人たちは、どうすればいいんでしょうか?
そもそも“人手不足の求人”とうのは、雇用が不安定だったり、生活できないくらい低所得だからこそ、人手不足なんです。
雇用が安定して、家族を養えるだけの給与がもらえるんであれば、人手不足になったりは致しません。

そして、正規雇用でも、派遣以下の不安定な職がこれほど増えてしまったのは、以前の「大手企業は大事な事を三つ忘れている」の日記でも書いたとおり、大手企業が高所得者を生み出す義務を怠っている為です。
http://bastion2007.blog86.fc2.com/blog-entry-44.html

野上逮捕

おたくが持ち上げてた野上幸雄が逮捕された件についてどう思う?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 野上逮捕

> おたくが持ち上げてた野上幸雄が逮捕された件についてどう思う?


これに懲りて、二度と右翼を名乗ったり、反2活動家を装うのは辞めて頂きたいものですね。
野上が、私たちを裏切り、富士見いおたと組んでから五年五ヶ月が経ちました。
私が、あの団体を徹底無視するようになってからは、三年と三ヶ月になります。
しかし、いまだに、あの男に対する怒りを消すことができません。
本館の15章でも書きましたが、あの男とかかわった為に、余りにも余りにも多くの同志と旧友を失いました・・・・。
一番大切な恩人まで、私は失ってしまいました・・・・・。
私はどうしても、あの男を許す事ができません・・・・!

t○○○hさまへ

> できれば、反日勢力撃退用・html版資料館を閉鎖せず、残しておいてほしいと思います。
> もし、反日勢力撃退用・html版資料館が閉鎖せざるを得ないような状況になれば、管理人さんがせっかく集めて下さった情報が見れなくなってしまうのはもったいないので、


もう今年はダメかと思いましたが、まだ何とか無事でした。
自力で残せそうなので、ご心配には及びません。ただ、今は自分のスキルアップの為に忙しい為、中々サイトを更新できずにおりますが。

 | BLOG TOP | 

プロフィール

砦の番人

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。