スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回・フリーターの経営講座・製造業編<後編>

第二回・フリーターの経営講座・製造業編<後編>


前回は、最も効率が良い生産体制は、『四交代制』だと述べた。
では、最も効率が悪い生産体制は、『超・長時間体制』『長時間体制』『二交代制』『三交代制』『四交代制』の内、いずれだろうか?
それは『超・長時間体制』と『二交代制』だ。

労働者に、毎日十時間以上もの労働を強いた場合、“働き慣れた労働者ほど”仕事の手を抜き始めるものだ。
作業速度を故意に落とし、仕事中に同僚と談笑を交える機会を増やし、勝手に休憩まで取り出す。
別段、怠け心が働く訳ではない。
連日十時間以上の労働が続くのであれば、全力で働いてしまっては体がもたぬからだ。
働きなれた労働者は、その事を心得ているからこそ、ほどほどに労働力をセーブしてしまう。
ゆえに、『超・長時間体制』や『二交代制』の下では、一時間あたりの作業速度は、八時間勤務の労働者よりも劣ってしまうのだ。
そもそも人間は、十時間以上全力で働けるように出来ていない。
仕事に慣れ、勤労意欲が旺盛な労働者でも、仕事に全力で集中できる時間は六時間にも満たない。仕事が過酷であれば四時間が精々だ。
上手に休息を取らせてやれば、六時間の所を八時間に、四時間の所を六時間に引き伸ばすことはできる。
だが、十時間を越えれば、どんな働き者とて心身ともに疲労し始める。
だからこそ、今日の疲れを明日に持ち越さぬように、どうしても体力を温存しておく必要が生じる。

だが、その事を心得、体力を上手にセーブする術を知っている者は良い。問題なのは、その術を知らない者だ。
上手な手の抜き方を知らぬ労働者は、生真面目な者ほど、初日から十時間以上の労働を懸命にこなしてしまう。
そして、今日の疲れを明日に、明日の疲れを明後日へと持ち越し続け、数日後には体が思うように動かなくなる。
さらに、一週間目を越えた辺りから仕事を休みガチとなり、遂には辞職するか倒れるかの結末を迎える。
若い者や非正社員などに至っては、たった一日で辞めてしまう事も多い。
『四交代制』と違い、『超・長時間制』や『二交代制』は、急に労働者に休まれたり辞めてしまわれると、欠員を埋める事ができない。その為、一人欠勤する度に、確実に生産が低下してしまう。
十時間以上の労働を強いる『超・長時間体制』や『二交代制』は、このような致命的な欠陥を抱えているのだ。

しかも、労働者が辞めてしまった時は、新たに労働者を雇用し直し、その度に新しい備品や制服を用意せねばならない。ゆえに、余計な出費まで掛かってしまう。
私が経験してきた生産体制の中で『超・長時間制』と『二交代制』は、一番頭の悪いシステムであり、この手段を用いる経営者は大抵「うちの会社は生産量が中々向上しない」と悩んでいたものだった。


日本の戦国時代。
大将は、軍勢を第一陣(先陣)、第二陣、第三陣、旗本(本体)に別け、全軍を一度に投入しないようにと注意を払っていたものだ。
まだ第一陣が突破されていなくとも、将兵に疲れが見えれば、大将は速やかに第二陣と交代させるという具合に、常に将兵の体力の温存を心掛けていた。
戦闘が長引き全軍に疲労が見え始めた時は、後もう少し戦えば敵に大損害を与えれるという好機が訪れても、大将は退却を命じた。
これは、目先の戦で勝利できても、今日中に将兵の体力を使い切ってしまえば、明日の戦いでは大敗を喫する恐れがあった為だ。
朝の戦闘で生じた疲労は昼に持ち越さぬよう、今日の疲労は明日に持ち越さぬよう、十分に休息を取らせる。逆に戦闘のない長対陣が続いた時は、小競り合いを仕掛けさせ、あるいは演習を行い、戦意が落ちぬように心掛ける。
これは戦場における大将の基本的な勤めだ。

大将は、将兵の士気を衰えさせぬ為に、合戦の時は必ず自ら戦場におもむく。そして、将兵たちを奮い立たせる為に、時には自ら陣頭にまで立つ。
そして、論功行賞を行い、個々の兵士の戦闘意欲をうながす事も忘れない。

しかし、体力を気遣い、士気を昂ぶらせ、論功行賞を行いさえすれば、将兵たちは大将の為に存分に戦場で働いてくれる訳ではない。
求めるべき義務に応じて、それ相応の対価を平時から積み重ねておかねばならなかった。
すなわち、命懸けの忠義を求めるべき武士には、領土や知行(所領。厳密には世襲で相続できる資産)を与えて子々孫々まで生活を保障しておいてやる。
ただ命令を遂行すべき足軽以下、中間、小者らには、日々の衣食住を保障し、小扶持(給与)を与えてやる。
そして、忠義とも義務とも無縁な農兵や人足の類には、逃亡だけはせぬようにと高価な米を陣中で惜しげもなく振る舞い、なるべく戦闘には当たらぬようにと荷駄の運搬等を担当させた。
このように大将は、平時から将兵らが不満を抱かないように配慮し、戦時は戦意や体力を失わぬようにと配慮しなければならなかった。
ここまでしなければ、合戦は遂行し得なかったのだ。

所が、希に“愚将”と呼ばれる大将は、こういった配慮を行わなかったものだ。
愚将は、ただひたすら長時間戦わせれば勝てると思い込み、早朝から日暮れまで全軍を投入し続け、夜は夜で夜襲まで掛けさせる。
そして、将兵らを疲労困憊へと追いやり、数日後には、行軍するだけで落伍者が続出する事態を引き起こしてしまう。

また愚将は、士気の衰えも気にせず、己は城にこもって戦場には出ず、まともな論功行賞も行わない。
忠義とは、勝手に湧いてくるものとでも思い込み、武士にはろくに知行を分配せず、足軽の衣食住の保障もケチる。挙句には、戦力の消耗を嫌って農兵たちを陣頭に繰り出させてしまう。
こうして愚将は、決戦の時には、戦意を持たぬ将兵らを敵前逃亡させてしまうばかりか、将兵らの不満を爆発させて反乱まで誘発してしまうのである。


経営者が労働者を扱う事は、大将や愚将が、将兵を扱う事と全く同じだ。
大将が将兵の体力を気遣うように、経営者とて労働者の体力を気遣ってやらねばならない。
無理を強い続ければ、将兵も労働者も毎日存分に働くことはできない。
ほどほどに手を抜き出すか、落伍するかのどちらかの道を歩んでしまう。
勤労意欲もしかり。勤労意欲は、戦場における士気だ。
論功行賞も行わず、城にこもるばかりの大将の下で、誰が士気や戦意を昂ぶれようか?
皆勤賞程度の賞与も与えず、ろくに働かない経営者の下で、誰が勤労意欲を抱けようか?
求めるべき義務に応じて、それ相応の対価を積み重ねておかねばならぬ点も、同じ事だ。
例え経営難に陥っても最後まで会社に付いて来てくれるほどの忠誠心を求めるならば、ちゃんと正社員雇用し、手厚い福祉厚生で遇し、定期的に慰安を与え、会社に感謝と馴染みを感じるように仕向けておかねばならない。
最低限度の貢献を求めるならば、不満を抱かぬ程度の給与と保障を与えてやり、労働者が会社を信頼してくれるように配慮せねばならない。
忠誠心とも義務感とも無縁なバイトやパートには、せめて食事内容ぐらいは気遣ってやり、過酷な労働や重責を求める仕事は回避してやるべきだろう。

だが、このような配慮を一切せず、“愚将”のように振舞う経営者がどれほど多い事だろうか?
ひたすら長時間働かせれば生産が上がると思い込み、労働者を酷使する。まともな休憩時間も休憩場所も与えずに、朝の疲れを昼に持ち越させ、一日の疲れを明日に持ち越させ、明日の疲れを明後日に持ち越させてしまう。
そうして、落伍者が続出すれば「最近の労働者は長続きしない」と嘆き出す。
己は現場に立たず、巡回・監督と称してはうろつき愚痴をこぼすだけで働かず、残業もせずに定時で帰る。むろん、何ら褒賞も与えない。
そうして、労働者の勤労意欲が失せて当たり前の振る舞いをしておきながら「最近の労働者は勤労意欲に欠けて困る」と嘆き出す。
さらには、非正社員にまで忠誠心を期待し、その期待に応えれるはずがないレベルの給与しか与えていないにも関わらず「最近の労働者は忠誠心が無くて困る」と嘆き出す。
私は、こんな愚かな経営者を何度見てきた事だろうか?


前回の冒頭の話に戻ろう。
劣勢の周軍が、殷を打ち破った話だ。
70万の殷が、なぜ5万以下の周軍に敗れたのか?
その理由を答えよう。
それは周軍が正規兵で構成されていたのに対し、殷軍は奴隷兵を中心に構成されていた為だ。
殷軍の将は、使い捨てに過ぎない奴隷兵の体力など何ら考慮せず、無理な戦闘を強い続け、必要以上に戦死者を出し続けた。
そして、何ら保障も褒賞もない奴隷兵らも、戦意が無く、使い捨てられる前に敵前逃亡する事を厭(いと)わなかった。
紀元前1046年に起きた牧野の戦い。
それは600年の殷の最期を彩るに相応しい戦いでも、5万の勇士が70万の大軍を蹴散らす華々しい戦いでも無かった。
圧倒的な戦力を持つ側が敵前逃亡を繰り返し、遂には少数の周軍に寝返ってしまうという惨めなものだった。
殷の紂王は、少数の周軍に敗れたのではなく、忠誠心も義務感も持たない己の殷軍に敗れたのだ。
これは、百万近い人がいようとも上に立つ者が配慮を怠れば、十万に満たない人数にも劣ってしまう事を示す良い例である。


私は、この講義を通して、最も勝る生産体制は『四交代制』だと述べた。
もし、生産量を向上させたくば、製造業を営む経営者は『四交代制』か『三交代制』を取られるがいい。
必ず生産量は向上するはずだ。
だが、簡単には『四交代制』や『三交代制』に移行できぬ会社もあろう。
そのような会社の経営者は、労働者に効率の良い働きと貢献を求めたいのならば、
将兵を存分に戦わせるには、大将はいかなる配慮が必要なのか?
なぜ殷軍が周軍に敗れてしまったのか?
よくよく考えられるがよかろう。

コメントの投稿

非公開コメント

 | BLOG TOP | 

プロフィール

砦の番人

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。