スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者側に責任を押し付けたがる社会風潮(前編)

現在、第二期就職氷河期の真っ最中だ。
2010年度卒の大卒の就職率は、60.8%にまで落ち込んだ。
そして、2011年度卒の大卒の内定率(10月1日)は57.6%{*1}という低い水準だ。
これは超氷河期と呼ばれた2000年~2005年卒に迫る勢いである。

この問題に対して、就職氷河期の原因となる「新卒主義を止めろ」という声が上がっている{*2}かと思えば、逆に、「学生の自己責任」という主張も散見されだしている。
現在、垣間見れる自己責任論は以下の七つだ。

①求人倍率を根拠とした自己責任論
「求人倍率は一倍以上あるんだから就職難のはずがない。就活をサボったり、求人をえり好みしているのが原因」

②大手志向を根拠とした自己責任論
「学生は大手を狙うから就職できないだけ」

③供給過剰を根拠とした自己責任論
「バブル時代に比べ、大卒の数が50%も増えている。無能な大卒が増えた事が原因」

④学歴を根拠とした自己責任論
「就職難なのは低学歴だけ。良い大学に入らなかった事が原因」

⑤学力の低さを根拠とした自己責任論
「今のユトリ世代は、学力が低い為、採用試験に受からないのは当たり前」

⑥コミュ力を根拠とした自己責任論
「最近の学生はコミュ力がない。そんな奴は面接で落とされて当たり前」

⑦努力不足を根拠した自己責任論
「資格を取るなり、事前に努力しなかった学生側が悪い」

一見もっともらしい主張である。
これらの主張を肯定するデータも張られている為、真に受ける方も少なくはないだろう。
だが、これらの主張には大きな間違いがある。

続きを読む

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

プロフィール

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。