スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい人生をスタートした私

国道を走っていると、左手に小さな小さなPCショップが視界に入ってきた。

大人が三人両手を広げただけで、すっぽり納まってしまうほどの小さな店頭。
飾り気の無いガラス戸が、同じ幅のガラス壁に挟まれて、陽光を反射している。
一階と屋根の間に掲げられた大きな看板が、そのちっぽけな店がPC専門店である事を示す唯一の手がかりだ。

国道沿いの店とはいえ、ここは田舎だ。
店の左右も背後も田んぼに囲われ、近くには・・・といっても徒歩で十分ほどの距離になるが・・・・古い民家が一件見受けられるだけだった。
その商店は、周囲の田畑よりもやや高い位置に作られた道路の高さにあわせ、コンクリートの土壌の上に建っている。まるで田畑の海に浮かぶ孤島だ。
敷地は極めて狭く、車が駐車できるようなスペースはない。
路肩も狭く、私は興味を示しても、一度も来店することはかなわなかった。

初めて、その店を見たとき、私は、バカじゃないかと思った。
こんな場所に店を出して、一体、誰が来店してくれるというのか?
精々、国道を走るライダーの内、よほど物好きな人間だけだ。

直ぐに看板を下ろしてしまうだろうと思っていた。
だが、店の看板は、一年を経過しても下ろされることはなかった。
二年目を迎えても、三年目を迎えても、私が国道を走る度に、小さな商店の大きな看板は、私の視界をかすめていった。
なぜ、潰れないのだろうか?
近くに見える古い民家。遠目にも、農業を生業としていることが分かる。
もしかして、この店の店主は、あの民家の主で、農業を本業としているのだろうか?
PC専門店は道楽ついでの副業か?だから、利益が上がらずとも看板を下ろさないのか?

だが、四年目を迎えた時、私は一つの思い違いをしていたことに気付いた。
夕暮れの中、道場帰りに見たその商店は、ネオンの看板を掲げ、何と新装していたのだ。
そして、店先には、数人の客がたむろしていた。ラフな服装からしてライダーではない。
狭い敷地には、数台の自転車が並んでいた。

“そうか・・・・これは、地元住民の為の店なんだ”

そういえば、私の村にある電機屋も、同じような立地条件の場所に建っている。
山道を抜ける狭い県道沿いに店舗を抱えているが、駐車場はなく、わざわざ一元の人間やドライバーが来店することはまずない。
だが、地元の人間を顧客とし、私の子供の頃から潰れることなく営業を続けている。
それと同じなのだろう。

私は、“周囲にほとんど民家がない”“国道沿いに店舗を構えている”という理由で、「顧客=国道を駆け抜けるドライバー」という思い込みをしていた。
だから、誰が駐車場すらない店に訪問するのかと、呆れていた。
しかし、その商店は地元住民相手に利益を上げ、わずか四年で新装まではたしていたのだ。

目先の情報だけでは、内情は分からぬものだ。
そういえば、私がここ二ヶ月間に体験した求人市場にも、同じことがいえた。
派遣を辞め、数年ぶりに足を踏み入れた求人市場は、私が今まで見聞きしてきた情報とかなり異なっていた。悪い意味で。

今回は、求職活動を再開するまでは見えてこなかった、私の予想を越えたハローワークの求人市場の惨状を語ろう。

続きを読む

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

プロフィール

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
03 | 2010/05 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。