スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手企業は、大事な事を三つ忘れている

季節は既に春だというのに、随分と冷え込む日々が続く。
特に今朝は指先がかすかに震えるほどだ。中の灯油を抜き、片付けかけていたはずのストーブが、私のかたわらで仕事を再開し始めている。

キーを打つ手がスムースに動かず、もどかしい。
だが、そんな私以上に、今、祖国は震えている。
不況の吹雪を、その身に受けながら。



1.火種を作る事を忘れた大手企業


祖国が凍えている時は、湿気(しけ)った薪が詰まった巨大な暖炉に、火を点(とも)して暖を取らせてやらねばならない。
“巨大な暖炉”とは“消費市場{*1}”の事であり、その中に詰まる“薪”とは“企業”の事だ。
そして、この企業の景気に火を点ける事ができるのが、“高所得者{*2}”という名の“火種”だ。

高所得者が百万世帯いれば、車は百万世帯分売れる。さすれば、自動車産業の中小企業も懐が暖まり、中から新たな高所得者(火種)が生まれる。
高所得者が百万世帯いれば、高価な家電製品も百万世帯分売れる。さすれば、各産業の中小企業も懐が暖まり、中から新たな高所得者(火種)を生まれる。
高所得者が百万世帯いれば、外食産業も百万回台所を賑わす事ができる。さすれば、外食産業も懐が暖まり、中から新たな高所得者(火種)が生まれる。

暖炉に投入された最初の百万の火種が、湿気り出していた薪に火を点け、その薪が新たな火種を生み出し続け、遂には祖国の震えを止める“好景気”という名の巨大な焔を立ち上げるのである。

続きを読む

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

プロフィール

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
03 | 2009/04 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。