スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西村博之、腸くり矢を放つ

以下の記事は、既に他のブロガーがとっくの昔に掲載しているが、まだ誰も肝心な事に気付いていない為、私の方で改めて掲載する。

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20070320nt08.htm

2ちゃんねる賠償金「死刑なら払う」…管理人・西村氏
インターネット掲示板「2ちゃんねる」への誹謗(ひぼう)中傷の書き込みなどを巡り、名誉棄損訴訟などで相次いで敗訴している管理者・西村博之氏(30)が19日、東京地裁で開かれた民事訴訟に出廷した。
西村氏は閉廷後、報道陣に対し、過去の訴訟で確定した賠償金などについて、「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わない」などと、支払いの意思がないことを明らかにした。
西村氏は、これまでに全国で50件以上の訴訟を起こされ、その大半で敗訴が確定。未払いの賠償金や、裁判所の仮処分命令に従わないことに対する制裁金が少なくとも計約5億円に上るとされるが、西村氏が自ら支払いに応じたケースはほとんどない。その理由について、西村氏は「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい」と話した。

<2007年3月20日 読売新聞より>

続きを読む

スポンサーサイト

フリーターの経営学(目次)

窓から光が溢れた。
仕事疲れで、帰宅するなりベットに横たわっていた私は、窓に視線を走らせた。
数秒をおいて、予想に反せず雷鳴がとどろく。
このまま眠ってしまいそうだったが、どうやら私に一仕事させる為に、天はわずかばかりの恵みを与えてくれるらしい。

私は起き上がると、部屋の窓に寄り掛かるようにして、ガラス越しに空を見上げた。
視覚よりも先に、聴覚が降り注ぐ雨の音をとらえていた。
視線の先で、今年最高気温を記録してみせた煩(わずら)わしい天然の核の炉が、紗幕(しゃまく)のような雲に遮られて行く。
通り雨だ。

私は、迷わずガラス窓を開いた。ただし網戸はそのままで。
途端、雨粒が衝突し、網戸が震える。
目の前で、合成繊維の網の目に遮られた天然のシャワーが砕け散り、細かな粒子となって室内に広がった。
鉄錆の匂いがする雨粒が、網戸を通してろ過されるかのように、涼やかな湿気へと変貌して行く。
打楽器のごとく網戸を奏でる心地よい通り雨の音色。
扇風機を全開にしても敵わなかった淀んだ空気が、清涼感を含み始める。

通り雨が通り過ぎれば、湿度が上昇した分、蒸し暑さが倍増する事だろう。
だから、この心地よいひと時の間に、すべきことをしてしまおう。
せっかくの天の恵みだ。無駄にはすまい。

続きを読む

 | BLOG TOP | 

プロフィール

砦の番人

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。