スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーターの経営学(はじめに)

ジブラルタル海峡を南に望む、スペインの商港ガディス。
紀元前、この商港の神殿を訪れたユリウス・カエサルは、アレクサンドロス大王の像を見上げると、涙を落として呻いたという。
「アレクサンドロスが世界を制覇した歳になったのに、自分は何一つやっていないではないか」

学生時代、この逸話を知った私は、不安を覚えた。
(彼と同じ年齢に達した時、私もカエサルと同じ台詞を吐くのではないか)
・・・・と。
どうやら、その不安は杞憂ではなかったらしい。
古代ローマの英雄のごとく、暖かい雫(しずく)が頬を伝う事はない。だが、満足感に満たされた吐息をこぼす時はとうとう訪れず、私はカエサルと同じ心境で溜め息を付かねばならぬようだ。
もっとも、“溜め息”なんて不愉快なジェスチャーをする気にはなれないが・・・。
そう思いつつ、椅子の背もたれに身を任せ、傍らの茶を口に含む。心ならずも、ぬるま湯が喉を過ぎ去った所で、自然と溜め息がこぼれ落ちてしまった。
不愉快なはずの溜め息が、茶の暖かみのお陰でひと時の安堵の吐息のように感じられる。

続きを読む

スポンサーサイト

削除人よ、他人の人生に踏み入るな

たった今・・・・黄ばんだ数十枚の紙束を破り捨てた。
納めていた封筒ごと、ズタズタに破り捨てた。
その手で、今、PCをタイプしている。
動揺が収まらず、この数行を書き綴るだけで、何度もタイプミスを繰り返している。


このブログの冒頭に書いたように、私はこの数年間を疲労の中に埋もれて過ごしてきた。
逆らえぬ濁流に堕ちて以来、そこから抜け出す事よりも、その流水を浄化する事を目指してきた。
私が、そんな目標を掲げ、苦痛にもがきながらも泳ぎ続ける事ができたのは、この胸に抱(いだ)いた二つの希望のお陰だ。
その希望が浮き袋となって、私を支え助けてきた。
この浮き袋さえあれば、いつか、無駄になった年月を取り戻せると信じていた。
高齢の祖父を安堵させてやれると思っていた。
苦しい生活を送っている弟夫婦を助けてやれると思っていた。
だが、今、私の浮き袋は水底に沈んでしまっている。

続きを読む

プロパガンダ映画「バトル・オブ・チャイナ」





 | BLOG TOP | 

プロフィール

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
03 | 2007/06 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。