FC2ブログ

★最後の砦★のサイトMAP

これはサイトMAPです。日記は、一段下の欄で更新しています。

◇◆ 2ch裏の歴史と噂話と真相 ◆◇
本館です。

◇◆反日勢力撃退用html版資料館◆◇
私のプロフィールがあります。

◇◆ 反日勢力撃退用pdf版資料館 ◆◇
上記サイトのpdf版です。

◇◆   プロパガンダ 写真館   ◆◇


◇◆?????????????◆◇
いずれ公開します。

◇◆?????????????◆◇
いずれ作成します。


各記事の全文を読む場合は、「続きを読む」をクリックして下さい。
投稿者のプライバシー保護の為、コメント欄は非表示設定にしています。(事情あって荒らし投稿を反映させる事がありますが)
なお、拍手ボタンのコメント欄は、「チョゴリ切り裂き」等を名乗る“荒し”により、数年間に渡って荒らされる被害を受けてきた為、無期限閉鎖致しました。

最近、広告業者より、たびたび広告を不正にクリックしているという指摘があります。不正な多重クリックはお控えください。どうも、これは業者側が広告を停止する為の言いがかりだったようです。






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5018944184752958"
data-ad-slot="5841570663"
data-ad-format="auto">





日本でテレワークが進まない理由

コロナ



水面下で広がり続けていたコロナウィルスが、ついに浮上し始めた。水上を吹き抜ける風と共に、またたく間に広がろうとしている。
4月16日、政府は、緊急事態宣言を全国に拡大した。
それに前後して、とある呼びかけが繰り返されている。

「家から出ずに、テレワーク(在宅勤務)を」

1892067.jpg

だが、この日本で急にテレワークしろといわれても、大多数の人が困ってしまうだろう。
何しろ、テレワークに不可欠な各種IT化が、日本ではろくに進んでいないのだから。

なぜ、日本は先進国の中でも、これほどIT環境が遅れているのか?
その原因について、少し昔話をさせて頂きたい。といっても、十年ほど前の話だが。


当時、このブログでも散々ふれた2008年のリーマンショック後の話だ。
この折、正社員化等の約束を全て反古にされ、契約を切られ、全ての努力が水泡に帰した私は、年収が落ちるのを覚悟の上で、職安で底辺の正規職を探した。
この時ありつけた職が、NTTのとある部門の下請け会社だった。
下請けとはいえ、天下の通信事業会社の下請けだ。きっと、最先端のIT化を目にできるだろうと、私は期待したものだった。

だが、初日、与えられた机に腰を下ろした私が、その日一日で最も眼にしたものは、前世代のアナログ作業だった。
ハードディスクに入れられていない紙の資料を忙しく探し回る人。
小冊を作る為に唸るコピー機とホッチキスの音。
海外ではとっくに廃れたFAXが、あたかも最も重要な通信手段であるかのように重宝されていた。

肝心のITの方はどうか?
使用しているOSは前前世代のWindows XPが主流で、中には、もっと古いOSを入れいているパソコンも稼働していた。
各種ソフトウェアも、最新のものはほとんど使われちゃいない。
何に使うのか、フロッピーディスクも現役だった。

驚き、そして最初に浮かんだ私の感想は、

「こんな下請けが相手じゃ、請負元のNTTは大変だな」

という請負元に対する同情の念だった。

だが、仕事を覚え、NTTと直接仕事をさせてもらえるようになると、私は、その感想が大間違いであり、むしろ逆である事を知ったのである。

なぜ、PCで作成したデータ(DWFファイル等)を、一々、プリント用に作り直し、わざわざ紙にプリントアウトし、それをFAXで送らねばならないのか?
なぜ、PCを使って、そのまま送れないのか?

非効率なアナログ作業に対する私の疑念は、上司の一言で解かれてしまった。

「これ担当してるNTTの○○さん、パソコン使えないから」

NTTといえば、日本最大の通信事業会社である。その重役が、パソコンをまともに扱えないというのである!
(これは10年前の話とはいえ、当時は既に、PCによる業務が主流になって10年以上もの月日が経っていた時代だ)

1370219.jpg


そう。
中小企業の間で、ろくにIT化が進まない最大の原因は、請負元たる大手企業の社員たちのITスキルの低さにあった。
中小企業は、大手企業と取引する際、彼らのレベル(前世代のアナログ技術)に合わせなければならないからこそ、いまだにアナログでの業務が不可欠だったのだ。

これは、NTTに限った事ではなかった。

この就職先は倒産してしまい、次に私は製造業の会社に再就職した。これも大手製造業の下請け会社だ。
そして、ここもまた同じだった。

請負元の大手企業は、製造業の癖にCADを扱える人材がおらず、彼らは、パワーポインターや手描きで制作した図面をFAXで送ってきた。
249804.jpg

(1)紙の媒体で送られてきた図面や指示書をPCにデータとして入力。
(2)その後、こちらで構造の検討と手直しを行い、新たにデータを作成。
(3)それをプリント用に作り直して印刷。
(4)それをFAXで送り返し、請負元に指示を仰ぐ。
(5) (1)から(4)を繰り返す。


こんな非効率で馬鹿なやり取りをどれほどやった事だろうか?

もちろん、彼らはスカイプも使えない為、打ち合わせも直接出向いて午前中一杯を費やさねばならなかった。

続きを読む

パンデミックを乗り切る為に

昨日、友人のSNSに、グルメレビューが上がっていた。
新型コロナウィルスが世界的に流行し、外出自粛が呼びかけられているにも関わらずだ。
怒った私は、自粛するようにコメントしたが、彼はこんな事をいってのけた。

「みんな自粛すれば外食産業は倒産してしまう。名店を潰さない為にも、こんな時こそ常連として協力しなくちゃいけない」

数分後、私は、銀行のアプリのアドレスと、彼が行った店の電話番号を添えて返答した。

「だったら、金だけ振り込んどけ」

本当に店を守りたいのであれば、金だけ渡しとけばいい。そうすれば、ウィルスからも店を守る事ができる。
少額であっても、店側は純利益として計上できる為(経費が掛からない為)、少しは助かるだろう。
店の方は、終息後に感謝キャンペーンでもしてくれりゃいい。

ウィルス


私は、上記のごとき友人の不謹慎な行動と冗談に怒りを覚えたが、
このコロナ騒動で最初に怒りを覚えた相手は、SNSの向こう側で発信していた友人ではなく、TVの向こう側で発言していた製造会社の人間だ。

続きを読む

マイケル・ヨン氏の警告と、構わず拡散する嫌韓ブロガーたち

以前、在特会の方がコメント欄に投稿してこられた事がある。
その方は、在特会の街宣スタイルが、第三者の目からは狂ったレイシストの活動にしか見えない事を自覚していらっしゃらず、なぜ、ヘイトスピーチをやればやるほど、在日コリア側の立場が優位になってしまうのかも分かっていらっしゃらなかった。

被差別者の衣で身を隠してきた在日コリアに対して、ヘイトを浴びせても、それは彼らの衣のボロを塞ぐ当て布にしかなり得ない。
差別糾弾と称した剣で横暴を正当化してきた在日コリアに、ヘイトの礫を投げつけても、それは剣を磨く砥石にしかなり得ない。
人権の盾をかざして批判を防いできた在日コリアに、ヘイトの弾丸を撃ち込んでも、それは盾を強固に補強する鋲にしかなり得ない。
火を消そうと油をかけ、氷を融かそうと雪でおおい、下痢を治そうと下剤を服用する・・・・それと同じだという事が分からないらしい。

クサヤをあきなう家で暮らす者は、やがて己の身にもクサヤの臭いを宿してしまう。しかし、当人はクサヤの臭いに慣れてしまっている為、自身の体臭の変化に気付きはしない。
一緒に暮らす家族も同じ状態に陥っていれば、なおの事だ。自身が、鼻をつまむほどの悪臭を発しだしているとは、夢にも思うまい。
たとえ家の外に出掛け、すれ違う人々から眉をしかめられようとも、その理由に気付きはすまい。

同じくヘイト溢れる2chやその系列のサイトやブログに入りびたり、同じくヘイトに慣れ親しんだ仲間とコミュニケーションを取ってきた彼らには、
なぜ、自分たちの言動や振る舞いが第三者には異様に見えるのか分からないのだろう。


自身と仲間には最良と思えるものでも、第三者の目には、そうとは映らぬものがしばしばある。
以下の事件は、その好例である。


<従軍慰安婦を高給売春婦だと主張し、調査取材を行っておられるマイケル・ヨン氏のブログより一部転載>

「スコッツボロガールズ」――この映像をプロモートしないでください
http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/05/japan-scottsboro-girls-do-not-promote_20.html

私はその映像(*1)の製作者である谷山雄二郎氏に彼の作った映像について何度も警告した。
櫻井氏がその谷山氏の映像をプロモートするため谷山氏を彼女の運営する「言論テレビ」に出演させる直前に、谷山氏はある日の夕方櫻井よしこ氏の自宅で私にコピーを3つくれた。
私のチームは後でその映像を見て愕然とした。
そして櫻井女史がその映像をプロモートしようとしていたことに愕然とした。この映像(or行為)は日本にダメージをもたらしつつある


(注釈*1 慰安婦問題の常識を根底から覆す188分の迫真のドキュメンタリーを米国国内でDVD販売流通していこうという、谷山雄二郎氏が推進しているプロジェクト)

続きを読む

在特会、桜井誠氏の英BBCのインタビュー

付けっぱなしのTVから流れる時事ニュースを聞きとがめた時。
あるいは、アイホンに登録したニュースサイトを巡回中に見とがめた時。
眼(まなこ)の上の眉が歪めば、あれこれと余計な思考が働き始める。

ガキの頃は、そんな時はノートを広げて、ペンを握るのが常だった。でも、大人になってからは、ノートの代わりにPCを立ち上げている。

PCのアクセス履歴は、エクセル、メモ帳、動画編集ソフトくらいしか見当たらない状態が続いている。
そういえば、ここの所、仕事絡み以外の目的では、ほとんどPCを使っちゃいない。
今日のように、衝動的にPCを立ち上げ、趣味……格好良く言えば啓蒙活動の為に使うのは久しぶりだ。
だが、その久しぶりの作業も、直ぐにとん挫してしまうのが、私の大きな欠点だろう。

政治問題、歴史問題、社会問題・・・・批判すべき事、論ずべき事を思い立ち、ブログを更新すべくメモ帳を起動し、同時に関連情報を検索。時おりディスプレイから自室の本棚にも頭を巡らし、指先をキーを打つ動作と紙片をまくる動作に忙しくチェンジさせる。
メモ帳の中に、覚書、出典名、コピーペースト、書籍からの書き写し、概要等がチマチマと打ち並べられて行く。
そのまま行けば、一本の文章が完成し、ブログは無事に更新されるだろう。でも、それが途中でとん挫してしまうのが、いつもの私だ。

文章を三分の一も書き上げた頃には、安堵感か、それとも倦怠感の為か、あるいはADHD(注意欠陥・多動性障害)なのか、もっと優先すべき事を思い起こし、書きかけの文章を放置して、いつも使っているアプリケーションを立ち上げてしまう。
書きかけのメモ帳ファイルを覆(おお)い隠すのは、エクセル、動画編集ソフト、イラストツール、CADが定番だ。
(window8.1に乗り換えてからは、長年愛用していたソフトの大部分から互換性が失われてしまった為、ソフトウェア探しから始めなおさねばならない事もしばしばだが)

次のプレゼンで使う資料、自身や同僚の為に作っておくべきマニュアル、他部署の連中や得意先に渡す小冊・・・・ブログ用に書きかけていた文章を後回しにし、そんなものを黙々と作成し始める。
そして、時には、そのPCの前からも立ち去り、雑貨店と百円均一のお店を巡回する旅に出かける。頭に浮かんだアイデアに導かれるままに、使えそうな雑貨を買い集め、気付けばPCの前で文章を練っていた身が、我が家の土間や空き部屋で、工作道具と買いそろえた雑貨を並べて何かしている。
仕事で使う業務用品にデザインを施してたり、業務に役立つ小道具を作ったり、親族の幼子に与える玩具を・・・・
ブログを更新するつもりが、当初の目的からどんどん遠ざかり、全然違う事をやってしまっている。
いつもこうだ。

私は考える事が好きだ。玩具をろくに買い与えてもらえなかった子供時代、ペンと紙さえあれば、紙面の上にゲームを作って楽しむ事ができた。
私は物を作るのが好きだ。仕事や家庭で必要と思ったものを良く自作する。
逆に嫌いな事は、文章を書く事だ。昔は文章を書く事が好きで楽しかったが、とある事件を切っ掛けに大嫌いになってしまった。

ああ・・・・今、なぜブログ用の文章を途中で放置してしまうのか分かった。
本能が、嫌いな事を後回しにし、好きな事を優先しようとしてしまっている。だから文章が中々完成しない。
数日置きに思い出したかのように、書きかけの文章を推敲し、書き足し書き直すが、半分ほど書き上げた頃には、大抵、見とがめて聞きとがめた時事ニュースは既に“時事”ではなくなってしまっている。
公表する時期を逃し、そのままフォルダの片隅で放置されたファイルが幾つある事だろうか?

だが今日は、そうはいかないようだ。
一月ほど前から同志にせっつかれ、ある記事を掲載するようにいわれている。
もう公開すべき時期は逃している気がするが、私がかの団体を批判・否定するスタンスを取っている以上、完全無視する訳にも行くまい。
今更ながら、転載しよう。

続きを読む

 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

砦の番人

Author:砦の番人
Mixi Page = ID=10357891



動画





2008年12月頃からカウント。

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイトもご覧下さい
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク